釣割

釣魚図鑑

カンパチ

スズキ目 アジ科

ブリと同じく大きさで呼び名が変わる出世魚の一つで、体長が35cm以下のものを「ショッコ」(または「シオッコ」)、60cm以下のものを「シオゴ」、80cm以下のものを「アカハナ」、80cm以上のものを「カンパチ」と呼ぶ。カンパチを正面から見ると、「八」の字に見えることから「間八」と名付けられた。世界中の温帯から熱帯の海域に分布している暖海性の魚である。日本では沖縄から北海道の太平洋側や、東北辺りの日本海側までの沿岸部に生息している。ブリよりも温かい海域にいるため、関西でよく見られる。カンパチはカツオなどと同じ季節性の回遊魚で、春から夏にかけては北上し、秋の終わり頃からまた南下してくる。水深20m~70mに多く生息し、イカナゴやイワシ、アジ等の小魚や甲殻類を捕食している。日本近海でのカンパチの産卵期は3月~8月。最近は養殖も盛んで、釣り堀にもよく入れられているが、馬力、スピードともに申し分のないファイターで、ハリに掛かったら根にもぐろうとする習性があるため、大型ほどばらすことが多い。ブリやヒラマサに比べて捕獲量が少ないため、高級食材である。夏のおわりから秋にかけての天然のカンパチは非常に美味しい。養殖のものは年中そこまで味は変わらない。

形態

アジ科ブリ属の中では最も大型の魚で、体長は1.5mほど。大きいものは体長1.8m以上まで達することもある。体は長楕円形で前と後ろに長く側扁している。成魚になると薄くなるが、両目の上を褐色の縞が斜めに走り、尾ビレの下部は先端が白くなっているのが特徴。また、ブリなどと同じように体側には目の辺りから尾ビレの付け根部分にかけて黄色い縦線がある。体の色はお腹が銀白色で、背側が黄褐色をしている。カンパチの鱗は光沢のある細かな鱗で、側線の鱗の数は約150枚にも及ぶ。ブリと似ているが、ブリはカンパチよりもずんぐりとした紡錘形で、さらに尾ビレがカンパチよりも鋭角な三角形になっている特徴があるので、その点で見分けることができる。

食味

天然の身は淡いピンク色で、養殖の身は脂肪が多いため白っぽい色をしている。身はコリコリッとした歯ごたえがあり、味はあっさりとしている。カンパチを食べるのならば、おすすめはやはり刺し身。脂に甘みと旨味があるため絶品である。その他にもさまざまな料理で美味しく食べられる魚でもあり、昆布出汁でしゃぶしゃぶにしたり、ブリと同様に大根と煮付けるのも大変美味。また、丁度よい程度に脂がのっているので、照り焼きや西京焼き、カマの塩焼きなどの焼き物もおすすめ。房総では干物としても食べられている。カンパチの骨や頭などは、あら煮にしても美味しいため、一匹まるごと余すことなくおいしく食べられる魚である。食べごろは晩夏から秋にかけて。

日本産のものにはあまり毒を持つものはいないが、南方のサンゴ礁域にすむものにはシガテラ毒をもつものがいる。主な症状には温度感覚の異常や、四肢の痛み、頭痛、めまい、脱力、排尿障害などがある。また、消化器系の異常として、下痢や嘔吐、腹痛がおこったり、循環器系の異常として不整脈などを引き起こすこともある。軽症の場合は約1週間ほどで症状は治まるが、重症の場合は完治まで数ヶ月から1年以上もの間、症状が出続ける可能性もある危険な毒である。死亡例は極めて少ないが、シガテラ毒をもつ魚の内蔵を取り扱う場合は注意が必要である。

釣種

釣り船,磯,防波堤,釣り堀,ボート,ソルトウォータールアーフィッシング

釣場

外洋,沖合,岩礁

生息域

南日本,日本海,瀬戸内海,東シナ海 ,琉球列島