釣割

釣魚図鑑

イトフエフキ

スズキ目 フエフキダイ科

温帯によく適応する種で、本州中部まで見られ、船釣りや投げ釣りに掛かるが、大きくても30cmほどの小型種で、外道扱いにされるが、食用としても扱われる魚である。内臓に臭みがあることから和歌山県下では「ドーグイ」、「ドログイ」(泥食い)などと呼ばれている。一般的な市場ではほとんど見かけることがない。都内の豊洲市場でも珍しい魚として扱われる。イトフエフキの身は白身魚であるが、小型種であるため価値は高くない。砂底や岩場に生息するが、幼魚の頃は浅瀬で見られることもある。夏から冬にかけて定置網や刺し網、釣りで漁獲される。

形態

他のフエフキダイ科の魚が背鰭の3~5棘が長く伸びるのに対し、イトフエフキは背ビレの第2棘が糸のように長く伸びる。胸ビレの内側に小さな鱗が多数あるのが特徴的である。体は明るい茶褐色で胸ビレの上方に黒っぽい斑紋がある。不明瞭な網目状の斑紋もあるが薄れていることが多い。マダイやハマフエフキと見た目は似るが、マダイよりはイトフエフキの方が口が尖っている。イトフエフキの大きさは20cm前後のサイズのものが一般的で最大でも30cmほどの小型種である。

食味

アミフエフキと同様に沖縄では「ムルー」と呼ばれる惣菜魚。身は少々水っぽさがあり、上質な白身でクセはないが、内臓には臭みがある。一般的にはマース煮や塩焼きで食べられるが、個体によっては臭みが強いものもいるので、ハーブ焼きなどで臭みを消して調理するのがお勧め。味には特に個性はない。

釣種

釣り船,磯,投げ

釣場

内湾,砂地,岩礁

生息域

南日本,日本海,瀬戸内海,東シナ海 ,琉球列島