釣割

釣魚図鑑

フエダイ

スズキ目 フエダイ科

南日本の太平洋岸から琉球列島、南シナ海に分布する。沿岸部のサンゴ礁や岩礁などに生息しており、海底近くを回遊する。食性は肉食性で、甲殻類・頭足類・小魚などを捕食する。産卵期は5月~7月で、メスは夜の間に分離浮性卵を産卵する。南九州では「シブダイ」と呼ばれ、引きが強くて美味しいために磯釣りの人気のターゲットになっている。主には定置網や底曳き網で漁獲されるが、近年では漁獲量も減ってきている。関東の市場ではほとんど出回らなく、九州や南日本での人気が高い。

形態

フエダイ科の仲間の中では中型で、全長は50cm前後で、体形は楕円形で大きく側扁している。全身は赤褐色におおわれ、体の後方によく目立つ白色の班点がある。この白点を星に見立てて「タルミ」と呼ばれることもある。この白色の斑点は死ぬと消える。背ビレや腹ビレ、尻ビレやビレは黄色みが強い。背びれや尻びれの軟条部は尖っておらず、円みを帯びている。幼魚から若魚のときには眼の下に1~3本の青色線がある。頭部の少し下辺りに口があり、前に突き出ているように見え、まるで笛を吹いている様であることから、「フエダイ」と呼ばれるように。

食味

身は透明感があり、しっかりしていて旨味もある。刺身で食べると、脂ののりも良く、強い旨味を感じることができる。また、口の中でとろけて絶品である。時季を過ぎたフエダイはカルパッチョにし、好みで柑橘類をしぼるとさっぱりと食べることができる。ほかにも塩焼きなどもおすすめで、振り塩をして一日おいたフエダイをガスで焼き上げるだけだが、青魚にはない上品な味で絶品の一品に。さらにフエダイの胃袋や肝なども湯通しをし、冷水でぬめりを落としたものを身と一緒に煮付けにして美味しく食べることができる。

釣種

釣り船,磯,ボート

釣場

沖合,内湾,岩礁,防波堤

生息域

南日本,瀬戸内海,東シナ海 ,琉球列島