釣割

釣魚図鑑

イスズミ

スズキ目 イスズミ科

本州中部以南の沿岸の岩礁域に棲む。夏から秋には付着動物という水中の固形物にくっついて生活しているコケムシやムラサキガイ等を食べており、冬にはハバノリ等の海藻類を主食としている。夏場は磯臭さが強いためメジナをメインとする磯上物釣りでは外道扱いだが、伊豆諸島や和歌山県南紀地方ではこれを専門に狙う釣りもある。イスズミは雑食性の魚ではあるが、食性から釣りをする際のエサとして、秋や冬などの寒い時期は「ハバノリ」、春や夏などの暖かい時期は「オキアミ」が有効的。上空の海鳥から身を隠すためにカモフラージュとして、浅瀬に入ると体に白色の水玉模様が瞬時に現れる。最大70cmの大きさにまで達する。産卵期は早春である。

形態

体は平たく体高がある。イスズミの体色は銀白色で背中部分が青っぽい。全体的には白っぽく見えるが、水中にいる際の尾ビレは黒っぽく見える。生息する地域等で個体に色合いの差が生じる。頭部、体側に黄色~黄橙色の縦線が並んでいる。メジナ科の魚に似ているが、臀ビレ軟条が3棘13本、背鰭軟条が10棘14本と多いことで他のイスズミ類と区別することができる。口は特段大きいわけではないが歯が鋭いく尖頭で、海中で泳いでいる際にギラッと光る。また、尾ビレの切れ込みが深いというのも特徴の一つである。

食味

白身だが臭みが強いため、味噌漬けや生姜煮など臭みを抑える調理法がよいとされている。イスズミの臭みを消す下処理方法としては、鱗を取り3枚におろした後、血抜きをしっかりと行った上でお湯に10秒ほど身をくぐらせてから氷水につける方法が効果的。身はあっさりとしていて鯛と似ている。脂の甘さはないが、魚らしい旨味があるのが特徴である。また旬である冬は臭みもやわらぐ。

釣種

釣り船,磯,防波堤

釣場

岩礁,防波堤

生息域

南日本,日本海,瀬戸内海,東シナ海 ,琉球列島