釣割

釣魚図鑑

コショウダイ

スズキ目 イサキ科

下北半島以南~南シナ海に分布しているが、沖縄にはいない。沿岸の岩礁域とその周辺に棲む。幼魚期には河口部に入ることもある。コショウダイは甲殻類やゴカイ類を食する肉食性で、大きくなると魚類なども捕食する。鮮度が落ちにくく上質な白身魚であるのにも関わらず、価格も比較的安価で取引されることから、飲食店などで多く利用される魚である。水揚げ量が少なく知名度が低い魚であったが、近年では温暖化の影響もありコショウダイの水揚げ量が増えてきている。旬は春先から初夏までであると言われているが、産卵後を除き年中を通して味に変化のない魚である。

形態

体色は灰色がかった褐色で淡い。体は平たく体高は高い。体側に太い斜走帯が2本走り、背ビレから背部、尾柄部、尾ビレに黒色斑点が散らばっている。これが「コショウダイ」の名前の由来である。幼魚のうちは背ビレと尾ビレに黄色みを帯びることもあり、若魚のときは体色自体も灰色っぽくなく茶色いことに加えて、尾ビレも透明である。体長は大型のものでで60cmにまで達する。体型は鯛の形に似る楕円形だが、タイ科ではない。口は小さく、唇がふっくらと分厚いのも特徴の一つ。毒素は持たないが、背ビレの棘は鋭く刺さると痛いので扱う際は注意が必要。

食味

クセのない白身でさまざまな料理に合う。大型のコショウダイになればなるほど濃厚な旨味がある。新鮮なものは刺身がおすすめで、コリコリとした歯ごたえで甘みを感じられて美味しい。コショウダイは活け締めにしておくと傷みにくく、活け締めにしてから数日経っても鮮度が落ちにくい。皮目に旨味がつまっているので、皮付きの焼霜造りやポワレなどの料理にするのもお勧め。煮付けなどにしても身は崩れにくいので、幅広い料理に向く。不飽和脂肪酸やビタミンの含有量も多く、体にも良い魚であるが、大型のものになればなるほど寄生虫が繁殖しているリスクが高くなるのはコショウダイも例外ではないので、調理する際は要注意である。小型のコショウダイでも食味は良い。

釣種

釣り船,磯,投げ

釣場

沖合,内湾,砂地,岩礁

生息域

南日本,日本海,瀬戸内海,東シナ海 ,琉球列島