釣割

釣魚図鑑

シマガツオ

スズキ目 シマガツオ科

日本近海;北太平洋の亜熱帯~亜寒帯域に分布する。水深150~300mにすみ夜間は浮上する。イカ類、魚類、甲殻類を捕食する肉食性で、群れをなして生息する。深海魚の仲間であるが、生活圏は他の種のものに比べると広い。シマガツオは主に船釣りで狙う。引きが強く、激しくファイトするので釣り人を楽しませる。南の方で漁獲されるカツオに似た魚であるということで、「シマガツオ」と名付けられたと言われる。各地では釣り人から「エチオピア」と呼ばれており、この呼び名のほうが馴染みが深い。その他にも「テツビン」「モモヒキ」「クロマナガツオ」などの地方名を持つ。市場での流通量は少ない。

形態

体は平たく体高は高い。輪郭は丸い。生時の体色は銀白色だが、死ぬと急速に黒褐色になる。頭部が張り出しており、眼も非常に大きい。眼は光が当たるとオレンジ色に反射する。これは深海魚特有のものである。鱗は三日月型という珍しい形をしていて硬い。背ビレと尾ビレには、小さいサイズの横長の鱗が並ぶ。胸ビレは長く大きい。体長は一般的には40cm前後だが、大きいものは60cmほどにまで達する。見た目は、マンザイウオの仲間やツルギエチオピアなどに似るが、シマガツオのほうが尾ビレの湾入が強く、大きな鱗隆起が尾柄部にないという点で見分けることができる。

食味

旬は秋から春である。やや赤みがかった白身でやや柔らかい身質である。鱗がかたいので剥がすのが難しく、調理しづらいのが難点。鱗を皮ごとひいてしまうのが調理のコツ。新鮮なものは脂ののりもよく、うま味も強いので刺身で食すのがお勧め。食味はサーモンや中トロに似ていると言われるが、酸味が気になる個体もある。食感はもっちりとしているが歯切れが良い。また、腹の部分にアニサキスなどの寄生虫がいることが多いので生で食す際には十分注意が必要。淡白な身質であるので、油との相性が良い。そのため揚げ物やムニエルなどに向く。粕漬けなども有名な調理法の一つである。

釣種

釣り船

釣場

深海,外洋,沖合

生息域

南日本,北日本,日本海,東シナ海 ,琉球列島,オホーツク海