釣割

釣魚図鑑

タカノハダイ

スズキ目 タカノハダイ科

本州中部以南に分布。沿岸の岩礁域で群れを作らずに単独生活をする。磯上物釣りでは外道として嫌われるので、ほとんどがリリースされる。水温が低下したり潮の動きの思わしくないときに釣れることが多いため、本種が釣れると海中の条件が悪いとみなされる。食性は小型の甲殻類や藻類などを主に捕食する雑食性。産卵期は秋頃~冬にかけてで、孵化した稚魚は浮遊しながら成長を続ける。成魚になるにつれて深場へ移動する。タカノハダイと言う名であるが、他のタイの仲間と分類が親しいわけでは決してない。様々な地域名を持ち「ヒダリマキ」「キコリ」「シカウオ」「タカッパ」「ションべンタレ」などが一例である。市場に出回ることはほとんどない。

形態

体は平たく体高は高い。タカノハダイの名の通り、タイの体型に似ているが、眼の後方あたりから背中の部分が盛り上がっている。体色は白色で、茶褐色の斜走帯が9本並ぶ。斜走帯をもつ魚は珍しいが、タカノハダイはこの斜走帯が非常に明瞭である。尾ビレは茶色で白色斑点が散らばる。大きいもので体長は45cm程にまで達する。海底で静止する際にバランスを保つため、胸ビレの下部が太く長くなってる。各ヒレは黄色い。また、エラブタの後ろは濃い茶褐色となる。口は決して大きいわけではないが、鰓耙(さいは)を持ちこれを使って獲物を捕食する。口の周りは赤い。

食味

しっかりした白身だが磯臭さが強い。特に夏場はタカノハダイが好んで食する藻類が腐るので、身もどうしても臭くなってしまう。ふつうは食用としないが、喜んで食べる地方もある。釣れたタカノハダイを食す場合は、すぐに活き締めにして内蔵を取り出す下処理をするのが好ましい。肝が臭みの原因となっているので、内臓を傷つけないように処理するのがポイント。また、背ビレの棘は非常に鋭く手を怪我しやすいので扱いには注意が必要である。冬場は臭みがほとんどないので食するなら冬場である。新鮮なものは刺身で、その他は塩焼きや煮付けなど様々な調理法で料理される。

釣種

釣り船,磯

釣場

内湾,岩礁

生息域

南日本,日本海,瀬戸内海,東シナ海 ,琉球列島