釣割

釣魚図鑑

スズキ

スズキ目 スズキ科

成長するにつれて関東では、セイゴ→フッコ→スズキ、中部では、セイゴ→マダカ→スズキ、関西では、セイゴ→ハネ→スズキと呼び名が変わる出世魚。沿岸性の強い魚でクロダイと並ぶ人気釣魚。成長すると小魚のエサを主食にするため、ルアーにもよく反応する。ハリにかかると、エラブタを思い切り広げ、頭を振りながら暴れてハリを外そうとする行為を、釣り人はエラ洗いと呼んでいる。日本各地の沿岸部に幅広く生息する。食欲は旺盛で獰猛な魚なので、主に小魚や甲殻類、貝類を好んで捕食する。捕食方法は丸呑みである。盛期の夏は滋養食として古くから珍重されており「土用の鱸は画に描いてなめても薬になる」と言われるほどである。旬は夏。

形態

全身が銀白色に覆われ、スマートな体をしたスズキは、体側に縞がないことや尾の付け根が細いことで、他のスズキの仲間と見分けがつく。体色は周囲の環境などによって変化が大きく、薄金色などの個体も見られる。遊泳力に富んでいるので尾ビレの付け根の尾柄が発達している。各ヒレは鋭い棘があり、エラブタもカミソリのように鋭利であるので扱う際は十分に注意が必要である。下アゴが前方へ突出しており受け口になっている口は大きく、獲物を丸呑みしてしまう程。また、下アゴには鱗が見られない。幼魚のうちは体表に黒っぽい斑紋が存在するが、成魚になるつれて不明瞭になるか消えてなくなる。体長は60cm前後が一般的であるが、大型のものは体長1mを超えるまで大きくなる。

食味

旬は初夏~盛夏にかけてで、身には白くて弾力があり、脂肪分も少ないため、涼やかな洗いなどが特に好まれる。梅肉醤油で食べるのが江戸前では通と言われている。くせのない透明感のある白身である。血合いもほとんどない。冬のスズキには脂が乗っているので塩焼きや蒸し物、みそ漬けなどの他、ムニエルやフライなども美味しい。季節によって食味の変化が大きく年中楽しむことができるが、秋の子持ちの時期は急激に味が落ちる。アラや腸は煮付け、肝臓はソテー、骨は出汁、と内蔵の部分も無駄にすることなく食すことができる。大きく太っているものの方が味が良い。島根県の松江では、奉書焼きが名物料理になっている。また、スズキにはビタミンAやビタミンDが多く含まれているので美容・健康にも良い。

釣種

釣り船,磯,投げ,防波堤,海釣り公園,筏・カセ,ボート,ソルトウォータールアーフィッシング

釣場

内湾,砂地,岩礁,防波堤,河口

生息域

南日本,北日本,日本海,瀬戸内海,東シナ海