釣割

釣魚図鑑

クロムツ

スズキ目 ムツ科

北海道南部~本州中部太平洋岸に分布しており、習性はムツに似るが生息域はムツよりも狭い。水深200~500mの岩礁域に生息している。魚類や甲殻類、頭足類などを捕食する肉食性の魚で、大きさは最長1.2mにまで達する。「ムツ」という名前は「むつっこい」(脂っこい)という意味で使われる言葉からとられたものであり、その中でもクロムツは体色が黒っぽいことから「クロムツ」という名前がついた。見た目はムツと似ているが、ムツよりも高値で取引される魚である。クロムツは深海魚で、水揚げされる量が少ないので市場では大変高値で取引される超高級魚である。沖釣りのターゲットとしても人気があり、年中を通して狙えるターゲットである。

形態

体は平たく細長い。体色は黒褐色で全身黒紫っぽく見える。ほかのムツ類と比べて体高はやや高めで、眼も大きい。両顎の端に鋭い犬歯が並んでおり、獲物を捕食する際に使用している。体長は30~80cm程が一般的だが、大きいものであれば体調1m20cmに達することもある。皮は柔らかく、見た目はムツと似ている。昔はムツとクロムツは同種として扱われていたが、2種に分けられた。だが、見た目に違いはほとんどない。2種の違いとしては、側線有孔鱗数は59~70枚とクロムツのほうが数が多い。ムツは58枚以下であると言われている。その鱗はやや小さく細かい。

食味

濃厚な旨味と甘みが特徴的な白身魚であり、その中でもサイズが大きいものほど脂ののりが良く美味しい。アラから上質ないい出汁が出るため、寒の時期の鍋がお勧め。刺身にすると、身はうっすらピンクがかった透明感のある白身なので見た目も美しく、脂と旨味が詰まっていて絶品。また、身離れがよく、熱を通しても身が硬く締まらないので塩焼き、煮付けに調理すると、食感・食味共に大変良い。さらに、皮も柔らかいので食すのに向いており、その中でもクロムツの炙りが大変美味である。醤油にくぐらせるのもいいが、塩で食べるとクロムツ本来の食味を存分に堪能できる一品となる。

釣種

釣り船

釣場

深海,沖合

生息域

北日本,日本海