釣割

釣魚図鑑

アカムツ

スズキ目 ホタルジャコ科

姿形がムツ科の魚に似るためムツの名前がつく。実際はスズキ科である。また、口の中が黒く、「ノドグロ」とも呼ばれる。その他にも福島県沖・新潟県~鹿児島県に分布。高知では「キンギョ」、長崎では「メブト」とも呼ばれる。アカムツの幼魚は水深100mほどのところに生息し、成熟するにつれて更に深い200m前後の水深を棲みかとする。産卵期は6月~10月で、水深の浅い所に移動して産卵する。雄、雌で成長スピードに違いがあり、大きさは全長40cm程度になり、寿命は雄が5歳ぐらいで、雌は10歳ぐらいといわれている。 鋭い歯を持つ肉食魚で、小魚や甲殻類などを食べる。大型になるとキロ当たり1万円を超える超高級魚である。養殖はされない。

形態

体色は背側は鮮やかな赤紅色で腹側は銀白色。大きな眼が特徴的で黒目の周りが赤い個体が多い。体は平たく体高はやや高い。口腔内が黒い。小さく鋭い歯を持ち、ハリスを噛み切られることもある。ウロコは、櫛鱗(しつりん)と呼ばれる、縁にギザギザの棘のようなものがあるタイプで、アカムツを持った時にはざらついた感じがする。

食味

季節を問わず脂が乗っており、いわゆる旬の時期がほとんどない。「白身の大トロ」とも呼ばれており、体長が大きいものほど脂質の割合が高くなるとされている。うま味、甘みが強いため刺身は絶品。とろけるような舌触りで、適度な食感もある。皮を引かずに焼き霜造りにしてもよい。焼き物もまた口に入れるとふんわりととろけ上品な味わいである。脂が多いため、熱を通しても硬くなりにくい。子持ちの煮付けは、7月~9月頃のもので、濃厚な旨みを堪能できる。その他には、ちり鍋、酒蒸しなどの調理法もお勧め。通年美味しい魚なので、その時期に合った料理で楽しむことができる。

釣種

釣り船,投げ

釣場

深海,外洋,沖合,岩礁

生息域

南日本,北日本,日本海,東シナ海 ,琉球列島