釣割

釣魚図鑑

ネンブツダイ

スズキ目 テンジクダイ科

本州中部以南に分布。水深100mまでの岩礁域に大群を作る。水深70m以浅の磯周りにも多く磯上物釣りではマキエに群がって嫌われる。また小さい口でハリを丸呑みするので餌取りとしても嫌われる。クロダイやメジナ釣りの外道。しかし釣りやすいので初心者には狙いやすい魚である。見た目がキンギョに似ていることもあり、「海のキンギョ」と呼ばれている。しかしキンギョとは異なり夜行性であるので、昼間は堤防の基礎やテトラポットに潜んでおり、夜になると活動的になる。子育ての方法はとても特徴的で、卵を産んだあと孵化するまでの間、口の中で卵を保護するマウスブルーティングを行う習性がある。

形態

体は平たく体高は高い。体色は赤やオレンジっぽく輝いて見える。眼を横切る暗色縦帯がエラブタ後縁で終わる。背ビレの付近にも短い縦筋がある。これらの縦筋は個体によって数や長さに差がある。また、尾ビレ付近には黒い斑紋がある。体長は最大でも10cmちょっとと小型の魚である。体長の割には口と頭が大きい。ネンブツダイという名前であるが、タイの仲間ではなくテンジクダイ科の魚であるので耳石が大きいのも特徴の一つ。オスは上唇の先端に突起のような出っ張りがあるが、メスにはない。しかしメスは卵を持つ繁殖期は体が丸くなるので、この点でオスとメスは見分けることができる。

食味

小魚で頭部が大きく身は少ないが味はよい。淡白な味わいだが、甘みがしっかりある。唐揚げでおいしい。しかし小骨が多いので注意が必要である。二度揚げすると骨までカリッと食べられるようになるので唐揚げにする場合は二度揚げするのがお勧め。新鮮で大型のものは刺身や寿司だねにもなる。カレイのような食味が堪能できる。皮は引かないほうがより美味。愛媛県南予地方では名物の「じゃこ天」の原料になっている。頭部とワタを取り除き、ツミレ状にして汁物の具としても美味しい。サイズは小さいが鱗は剥がれやすいなど、調理はしやすい。しかし各ヒレには鋭い棘があるので注意が必要である。その他には、南蛮漬けや塩焼き、天ぷらなど様々な料理に調理される。

釣種

磯,防波堤,海釣り公園,ボート

釣場

沖合,内湾,岩礁,防波堤

生息域

南日本,日本海,瀬戸内海,東シナ海 ,琉球列島