釣割

釣魚図鑑

ビンナガ

スズキ目 サバ科

長い胸ビレを鬢髪(びんぱつ)に見立ててビンナガと名づけられたが、広げた胸ビレがトンボの翅(はね)のように見えることから、紀州ではトンボとかトンボシビと呼ぶ。東北地方以南の太平洋岸に多く、春にカツオの群れとともに北上してくる。普通は1m前後のものが多いが1m50㎝ぐらいになる。

形態

胸ビレが非常に長く第2背ビレの後方にまで達する。尾ビレは黒く後端が白く縁どられている。

食味

身は淡いピンク色で軟らかい。ため、刺身には向かないとされてきたが、最近は脂が乗った腹身の部分を”ビントロ”と称して、スーパーなどに出回るようになった。紀州では炊き込みご飯の具に使われるが、火を通すと白くなり鶏肉のように見えることから、シーチキンの呼び名で缶詰に加工されることが多い。

釣種

釣り船,筏・カセ,ボート

釣場

外洋,沖合,砂地,岩礁

生息域

南日本,北日本,東シナ海 ,琉球列島