釣割

釣魚図鑑

イソマグロ

スズキ目 サバ科

巨魚釣りのターゲットのひとつ。馬力があるのでダンプカーにもたとえられる。日本では小笠原諸島やトカラ列島、南西諸島などの離島の磯周りに多い魚で、釣り人は、敬意をこめてイソンボと呼ぶ。全長は2mを超え、体重も100㎏を超える巨魚である。

形態

体は細長く丸みを帯びる。尾に近い部分の側線が波打ったようなカーブを描くのが特徴で、大きな口には鋭い歯がある。イソマグロと呼ばれるがマグロとは遠縁である。

食味

身は軟らかくて脂肪分も少なく、非常にあっさりしているが、独特の臭みがあるので揚げ物や生姜焼きなどに向いている。

釣種

釣り船,磯,防波堤,筏・カセ,ボート,ソルトウォータールアーフィッシング

釣場

外洋,沖合,内湾,岩礁,防波堤

生息域

南日本,東シナ海 ,琉球列島