釣割

釣魚図鑑

クロシビカマス

スズキ目 クロタチカマス科

全世界の熱帯~温帯域に分布しており、日本では南日本の太平洋岸に見られる。水深100~750m程の斜面域の低い(海底付近)位置に群れを作って生息する。クロシビカマスは魚類や甲殻類などを捕食する肉食性で、獲物に勢いよく襲いかかる獰猛さも持ち合わせている。クロシビカマスのメタリックな銀色の体色から「スミヤキ」と呼ぶ地方もある。さらに、「エンザラ」「ガランチョ」「ヨロリ」「ウケ」など他にも色々な地方名を持つことも有名な魚である。沿岸の深海に棲むが、夜間には浮上し、定置網で大量に入ていることがある。専門で狙う釣りは少なく、沖の深場釣りの外道として扱われる。個体の大小問わず非常に食味が良いとされている。

形態

体型は細く、体色は背側が黒褐色~黒で腹側はメタリックな銀色をしている。側線は胸ビレ上方で強く湾曲する。顔は強面なかおをしている。特徴的な形の魚なので他の魚とは見分けがつきやすい。非常に鋭い歯を持っているので扱う際には注意が必要で、特に前歯は他の歯に比べて長く獲物を捕食する際に使用する。体長は一般的に30~80cm程度である。クロシビカマスの幼魚の体色は黒みがかった銀色ではなく、綺麗な銀色をしている。

食味

真っ白な柔らかい身には脂がのっており、非常に美味しい。しかしクロシビカマスには骨が多く調理しづらいので、骨切りをするのは難易度が高い。そのため、干物などに調理し、小骨を気にせず食すこと多い。また身を包丁で細かく叩いて作るスキ身の刺身にすると、小骨を避けながらもお刺身として食せるのでお寿司屋さんなどでも好まれる。強い骨は皮の付近に存在するので、身をかき出して調理すると良い。その際のポイントは頭の方から尾の方へむかってかきだすことである。その他にも、身は熱を通しても身が縮まらないので、煮付けなどにするとこってりしたクロシビカマスの独特の風味を感じることができる。

釣種

釣り船

釣場

深海

生息域

南日本,東シナ海 ,琉球列島