釣割

釣魚図鑑

カンムリベラ

スズキ目 ベラ科

相模湾以南、インド・太平洋域に分布。岩礁域、珊瑚礁域とその周辺の砂礫底にすむ。成魚は全身真っ黒だが、幼魚は真っ白な体に赤と黒の斑点を持つ。ベラ類は成長の過程で体色や紋様が激変するものが多いので要注意。本種は最大1m近くに達する大型種で、本州沿岸では磯の底物釣りなどに掛かってくる。

形態

体色は青みがかった黒。体側に明色の横帯がある。老成魚は前頭部が突き出し、背ビレの第1、第2棘がのびる。

食味

大型になるベラだがあまり食用とされない。きれいな白身で弾力があり、刺身でも加熱調理しても美味しいという情報がある。

釣種

釣り船,磯

釣場

内湾,岩礁,防波堤

生息域

南日本,日本海,瀬戸内海,東シナ海 ,琉球列島