釣割

釣魚図鑑

オハグロベラ

スズキ目 ベラ科

千葉県以南の浅い岩礁域にすむ。温帯によく適応したベラだ。投げ釣り、防波堤釣りの外道としてよく掛かる。15~20cmと小型であり、見た目もとくに雄は毒々しいが、食味は悪くない。

形態

体高は高い。雄の体色は黒っぽく、鱗は黄色く縁取られる。背ビレの第1、第2棘が糸状に長く伸びる。雌は全体に橙色で背ビレの棘はのびない。

食味

とくに雄の見た目は毒々しいが肉はきれいな白身で食べられる。煮付け、塩焼きで。

釣種

釣り船,磯,投げ,防波堤,海釣り公園,筏・カセ,ボート

釣場

内湾,岩礁

生息域

南日本,日本海,瀬戸内海,東シナ海 ,琉球列島