釣割

釣魚図鑑

ブダイ

スズキ目 ブダイ科

熱帯のサンゴ礁域に分布する海水魚で、浅くて海藻のある砂地を好む。日本沿岸では比較的広範囲に生息しており、千葉~九州南岸の西日本の太平洋沿岸、また奄美地方などの東シナ海にも生息していることが確認されている。水中では、くるくると泳ぐことが多く、泳ぎはそこまで得意とは言えない。動作も俊敏とは言い難い。食性は雑食で夏にはサンゴ礁についた石灰藻や甲殻類などを捕食することが多く、冬は海藻などを主に食べている。産卵期は夏。 釣魚としてメジャーではなく、ブダイだけを狙う釣り人はほとんどいないが、堤防や海釣り公園などで釣りをしていると釣れることもある。ブダイを釣りたい場合は、カニをエサに釣ると良い。温暖な地域では食用魚として市場に出回るが、関東地方などでは高値で取り引きされることもあるため、釣りの外道としては喜ばれる魚である。特に冬に釣れたブダイは臭みがなく脂が乗っており美味である。

形態

ブダイの成魚は大きいもので体長約60cm程度まで成長する。平均は体長45cm程度。体色はカラフルで、その鱗は非常に柔らかい。鱗の1枚1枚は非常に大きく薄いが、一方でブダイの鱗の下の皮は分厚い。また、目が小さいことも見た目の特徴と言える。ブダイの仲間の特徴として鋭い歯が挙げられることがあるが、本種の歯は完全につながっておらず(癒着していない)鋭い犬歯のように見える。幼魚の頃は全てメスだが、成長に伴って大きく成長した個体がオスに性転換する。また、オスの体色は青くなり、その見た目からアオブダイと呼ばれることもある。 ブダイのメスは茶色から赤褐色の見た目をしており、オスに比べて体高が低いものが多い。

食味

夏場に水揚げされたブダイは磯臭さがある場合があるが、冬場のブダイは臭いもなく脂が乗っており美味しい。鱗は大きいが、柔らかいため取りやすく、骨もあまり硬くないので調理もしやすい魚である。 身は少し水分が多いが、上品な白身をしている。身に水分を多く含み柔らかいので、火を通しても固く締まらず、身が崩れやすいのが難点である。 ブダイの長所を活かした調理法は煮付けで、鱗をとったブダイを甘辛く煮ると非常に美味しい。ブダイの皮はゼラチン質でできており、煮付けにした煮汁は冷やすと煮凝りになり、それもまた美味である。 ゼラチン質の皮は刺身にして食べても美味しいため、刺身として食べる際には、皮を取り除かず、皮霜造りにして食べるのがおすすめ。

釣種

釣り船,磯,投げ,防波堤

釣場

砂地,岩礁,防波堤

生息域

南日本,北日本,東シナ海 ,琉球列島