釣割

釣魚図鑑

ニザダイ

スズキ目 ニザダイ科

宮城県松島湾以南に分布。外洋に面した岩礁域に生息し、大群を作ることもある。幼魚の潮だまりなどで見られることも。尾柄部にある骨質板は硬く鋭いため触る際には要注意。この骨質板を囲む黒色斑の三つがよく目立つことから「サンノジ」と呼ばれる。他にも様々な呼び名を持ち「クサンボウ」「オキハゲ」「クロハゲ」「コームキ」「カワハギ」などが一例である。磯上物釣りでの外道として有名。パワフルで釣りは楽しめるが、磯臭さが強く食味があまりよろしくないので嫌われる。甲殻類や多毛類も捕食するが、主に好んで捕食するのは石灰藻などの海藻類である。この雑食性が故に磯臭さが身にも残る。そのため、市場で流通することもほとんどない。

形態

体は平たく体高が高い卵型である。吻(ふん)は尖っており、その先端に小さなおちょぼ口がある。この特徴はカワハギに似ている。体色は茶~焦げ茶色だが、アクロヌルス期(ニザダイの幼生期の名前)は透明である。尾柄部に4個の黒色斑で囲まれた骨質板がある。その中でも3個の黒色班はよく目立つが、4個目はサイズや形が定まっていない。これらの骨質板は突起状になっており素手で触ると怪我をするほど鋭いので扱いには注意が必要である。しかし幼魚の頃は骨質板の突起は存在せず、成長するにつれてに現れる。体表は細かい鱗に覆われているので、ザラザラとしている。体長は近年水揚げされるものだと最大でも60cmほどであるが、昔は80cmを超える個体も釣れていたという記録がある。

食味

磯臭さが強い。丁寧な内臓の処理と血抜きが必要。また、カワハギのように皮を剥ぐという方法で下処理をする。釣れる場所によって臭みの薄いものがおり、刺身や焼き物で食される。寒期は比較的臭みが薄い。釣りで漁獲した際は、その場で活き締めにし内蔵を取り除いてよく洗ってから持ち帰るのが好ましい。刺身の見た目はカンパチに似ており、淡いピンク色の身である。また脂ののりも非常に良い。刺身で食すのに抵抗がある場合は、洗いにして酢味噌をつけて食べると、より臭みを感じなくなる。臭みがない個体でも味わいが薄いので、カルパッチョなどに調理するのもお勧め。体高が高く、歩留りが良い。

釣種

釣り船,磯

釣場

沖合,内湾,岩礁

生息域

南日本,日本海,東シナ海 ,琉球列島