釣割

釣魚図鑑

テングハギ

スズキ目 ニザダイ科

眼の前の角が和名の由来。本州中部以南に見られるが本州沿岸では成魚はまれ。おもに珊瑚礁外縁部で群生している。熱帯海域ではシガテラ毒を持つものがいるといわれる。50~70cm。

形態

眼の前に角が突出するが幼魚にはこれがなく、成長とともに発達する。体は平たく体高が高い。吻はとがる。老成魚は尾ビレ上下葉先端が糸状に長く伸びる。

食味

大型個体はシガテラ中毒の危険性があるといわれる。

釣種

釣り船,磯

釣場

沖合,内湾,岩礁

生息域

南日本,北日本,日本海,東シナ海 ,琉球列島