釣割

釣魚図鑑

ウロハゼ

スズキ目 ハゼ科

茨城県、佐渡島以南、種子島に分布している。内湾や河口の汽水域の砂泥底に棲んでおり、マハゼに混じって釣れる事が多い。大きさはマハゼより大きいことが多い。専門的に狙う人は少ないため、外道扱いになることが多いが、「ハゼつぼ漁」「ハゼ箱漁」等のウロハゼを専門で狙う伝統漁法も存在している。川や海など幅広い場所で釣れる。ウロハゼの体色が黒っぽいことから「クロハゼ」と呼ぶ地方もある。市場で出回ることはあまりないが、食用魚として知られている魚である。小型の甲殻類や小魚を主に捕食する肉食性である。産卵期は夏から秋にかけてで、二匹がペアになって繁殖を行う。また、見た目が特徴的であるため、水族館などで観賞魚としても大変人気がある。

形態

体はやや太短く円筒状。頭部が平たく細く尖っている。体側中央に数個の暗色斑が並ぶが不明瞭。体色は褐色だが、腹部は灰色を帯びており、尾ビレ明瞭な斑紋はない。下あごが上あごより突出し受け口になっており、ウロハゼの舌の先は二叉になっている。成魚になると全長が20cm前後になり、ハゼ類のなかでは大型の夜行性の魚である。見た目はマハゼに似るが、ウロハゼには縞々の模様がないことで見分けることができる。

食味

透明感のある淡白な白身なので刺身にするのがお勧め。マハゼには若干劣るが、食味はほとんど同じである。マハゼのようなヌメリは少ないので調理はしやすく、天ぷら、唐揚げにするとマハゼよりも身が柔らかくふわふわとした食感が楽しめる。臭みも全然なく食べやすいのも魅力的である。「異形吸虫」という寄生虫がすみついている場合もあるので、ウロハゼを食す際は注意が必要である。

釣種

投げ,防波堤,筏・カセ,ボート

釣場

内湾,砂地,防波堤,河口

生息域

南日本,北日本,日本海,瀬戸内海,東シナ海