釣割

釣魚図鑑

キヌバリ

スズキ目 ハゼ科

沖縄を除く日本全国の沿岸に生息し、岩礁を好む温帯性のハゼの一種で、幼魚は群れを作って暮らしていることもあるが、成魚になると単独で行動するようになる。ハゼの仲間の中では遊泳性が高い。小型の甲殻類を主に捕食している。釣りなどで捕獲されるが、食用魚ではない。美しい見た目をしているので鑑賞用の魚として飼育されることもしばしば。熱帯魚のような見た目をしているが、琉球列島では見ることができない。キヌバリを飼育する際は、45cm以上の水槽を使うのが好ましい。温帯性の魚ではあるが、高水温には弱く、水質悪化には耐性がないため、ろ過装置などを水槽につけることが好ましい。

形態

体色は灰色がかった褐色であるものが多く、目を通る一本の横縞が特徴的で、その後方には斜めに帯状の模様がある。キヌバリの体側には黄色く縁取られた黒色の横縞が6~7本ある。太平洋側に生息するキヌバリが6本の帯を持ち、日本海側に生息するものは7本持つ。中には縞模様の縁が黄色くない個体も存在する。見た目はチャガラに似るが、キヌバリの体側には黒色横帯がはっきりとあり、その点がキヌバリとチャガラを区別するポイント。体長は10cm前後まで達し、体型は円筒状の細身。左右ともに腹ビレは吸盤状になっており、各ヒレは半透明で透き通っている。頭部周辺には鱗がないが、身体部分にはあり、鱗の形は丸い。

食味

毒はないが、普通食用にはしない。

釣種

釣場

内湾,砂地,岩礁

生息域

南日本,北日本,瀬戸内海