釣割

釣魚図鑑

オオサガ

スズキ目 メバル科

オホーツク海沿岸や太平洋沿岸に分布し、水深500~800m程度の中深海の岩礁域に生息することが多い。関東では「メヌケ」「ベニアコウ」と呼ばれ親しまれている本種だが、オオサガという名前はあまり知られていない。中深海に生息するので水揚げされる際に水圧の変化に耐えられず目が飛び出す事が多いので「メヌケ」と呼ばれている。昔は安価で取引きされていたが、近年はキロ当たり4000円ほどの超高級魚として市場に並ぶ。また、大型になりすぎても食味が落ちないので、大型な個体でも重宝される種類であることでも知られる。エサ釣りのターゲットとしても人気がある。

形態

メバル科の中では、全長60cmにもなる大型の魚で「メヌケ」と呼ばれることも多い。全体的に鮮やかな赤色をしている。下顎はやや突出している。決まった位置に斑紋は存在しなく、額や眼の下にも棘がない。見た目はサンコウメヌケと非常に似る。一般的には、口腔内が白ければオオサガ、黒ければサンコウメヌケとされているが、オオサガでも個体によっては口腔内が黒いものも存在するのではっきりとした区別の仕方は未だに解明されていない。

食味

身は淡いピンク色がかった白身である。焼き物、刺身、煮付けなどどんな料理にしても美味しい。脂分が多い魚種であるため、揚げ物よりも煮る、焼く、蒸す料理がお勧め。皮にも旨味があるため、皮霜造りにすると大変美味だが、現在は流通量の減少により、非常に高級な魚になった。旬は秋から冬にかけてで、旬になると甘み・旨味ともに増加し非常に美味しい魚である。身自体にも脂はのっているが、身と皮の間が一番脂がのっている。火を通すと身がかたくしまり弾力のあるプリッとした食感を楽しめる。

釣種

釣り船,ソルトウォータールアーフィッシング

釣場

深海,外洋,沖合

生息域

北日本