釣割

釣魚図鑑

カサゴ

スズキ目 メバル科

北海道南部から東シナ海にかけての沿岸で、どこでも見られるので地方名も多い。関西地方では「ガシラ」、徳島県では「ガガネ」、鳥取県や島根県では「ボッカ」、瀬戸内海地方では「ホゴ」、熊本などの九州地方では「アラカブ」などと呼ばれている。沿岸から水深60m~200m程までの岩礁域やブロックの影に隠れて生息し、貪欲な肉食魚で、小エビなどの甲殻類や、ゴカイなどの多毛類、ハゼなどの小魚を捕食する。夜行性の魚なので日が落ちる頃からゆっくり動き出し、エサを探して泳ぐ。カサゴは縄張りを持つ魚と言われており、他の種類と激しく縄張り争いをする。しかし、様々な性質を持っている種なので行動も異なり、その場に定住せず、放浪しながら生息するものもいる。カサゴは防波堤周りや磯周りなどの岩礁帯に生息していることが多いので、釣りをする際は根掛かりにならないように注意して釣る必要がある。また、船に乗り、沖の深場を狙った釣りでもよく釣れる。近年エサ釣りだけでなく、ルアー釣りも親しまれるようになってきている。暖水を好むが寒さにも耐性があり、年間を通して釣れる。

形態

体色は濃い褐色や赤っぽいもの、黒っぽいものまで様々な個体がおり、生息している環境によって変異が大きい。深みに生息するものほど赤く、浅場に生息するものは黒っぽいと言われている。また、不規則な白い斑紋が背側にあることも特徴である。ウッカリカサゴはこの斑紋がはっきりしているため、区別はつきやすい。体長は一般的には20cm~25cmで、最大でも30cmまで。体形は体の大きさの割に顔と頭、ヒレが大きく背中側が盛り上がっているような形をしている。カサゴには特徴的な棘があり、目の周り(上・後ろ・前)、耳、額、鼻、頭部に1対ずつ存在する。アヤメカサゴはこれらの棘とは別に目の下の方にも棘があり、カサゴと見分けることができる。他にも背ビレや尻ビレにも鋭くて硬い棘条があり、エラ蓋にも棘がある。

食味

身は引き締まった透明感のあるクセのない白身で季節をとわず美味しく食べられる魚である。鮮度が落ちるのが早いので、釣り上げた際はすぐに締めてクーラーボックスに入れておくと良い。 刺し身、煮付け、汁物、唐揚げ、焼き物などさまざまな料理に向いているが、刺し身にすると、体から取れる身が少なくなってしまうため、いい出汁が出て美味しい味噌汁などの汁物にするのがおすすめである。煮付けにしてもタレが身に染み込み、美味である。さらに煮付けで残ったゼラチン質の部分や骨などに熱湯を入れてスープにしても美味しく味わえる。アクアパッツァやブイヤベースなどの洋風にしても良い。

釣種

釣り船,磯,投げ,防波堤,海釣り公園,筏・カセ,ボート,ソルトウォータールアーフィッシング

釣場

沖合,内湾,岩礁,防波堤

生息域

南日本,北日本,日本海,瀬戸内海,東シナ海