釣割

釣魚図鑑

モンガラカワハギ

フグ目 モンガラカワハギ科

相模湾以南に分布。主に珊瑚礁域で単独生活をする。なわばり習性が強い。昼行性で、夜間は珊瑚の隙間で休息する。釣りでは外道だが観賞魚として人気が高い。マーシャル諸島ではシガテラ毒魚とされている。

形態

モンガラカワハギ科の魚は体高が高く、体表は菱形の厚い鱗でおおわれる。体色は黒の地色に腹側には大きな白色円斑が並ぶ。背側には黄色の網目模様がある。口は橙色で尾ビレには淡い青緑色の横帯がある。

食味

ふつう食用としない。

釣種

釣り船,磯

釣場

内湾,岩礁

生息域

南日本,東シナ海 ,琉球列島