釣割

釣魚図鑑

ヘダイ

スズキ目 タイ科

本州中部以南の太平洋からインド洋にかけて広く分布する。クロダイに似た見た目だが、クロダイのように汽水域に寄って来ることはない。潮の流れのある少数の沖合で群れをなして回遊している魚である。もともと沿岸の岩礁域に多い魚だが、内湾にもよく入るので、イカダやカセからのクロダイ釣りのゲストとしておなじみ。食性は肉食性で小魚や甲殻類を好んで捕食している。産卵期は初夏で、幼魚は海岸の浅瀬で見ることができる。雌性先熟の魚なので、大きく成熟した個体はオスに性転換する。

形態

クロダイによく似ているが、体高があり顔から頭にかけての線が丸みを帯びているのが特徴。また、大きいものでも体長35cm程度までしか成長しない。銀白色の体には、縦に10数本の茶褐色の線が走る。体色が銀白色をしていることから、シロチヌと呼ばれることもある。腹ビレや尾ビレは、黄みをおびていることも多い。体高がありかなり扁平な体形なので平らな鯛という意味から平鯛(へだい)という呼び名が生まれたようだ。

食味

沖合に生息していることもあり、磯臭くないので刺身や塩焼きがお勧め。身は白身でマダイに似て美味。白身は歯ごたえがあり、刺身や塩焼きなど、マダイに合う料理であれば大体はヘダイでも美味しく食べることができる。知名度は低いが、わりと市場に出回っている。比較的安価で手に入り、食べられる美味しい魚である。冬が旬だが、年間を通して味は安定している。骨もあまり硬くなく、鱗も取りやすいので調理も容易にできる点も、市場に出回る要因である。

釣種

釣り船,磯,投げ,防波堤,海釣り公園,筏・カセ,ボート

釣場

外洋,沖合,内湾,砂地,岩礁,防波堤,河口

生息域

南日本,瀬戸内海,東シナ海 ,琉球列島