釣割

釣魚図鑑

カスザメ

カスザメ目 カスザメ科

日本では北海道の西部から九州までの日本海、岩手県から九州南部の太平洋沿岸、瀬戸内海、沖縄諸島に生息している。水深20m~200m程度の浅い砂底などに棲む。日中は海底の砂に埋もれて過ごしあまり動くことはないが、夜には活発に海底を泳ぎ回る。獲物を見つけると砂に埋もれて待ち伏せし、目の前を通りかかった際にイカ類や甲殻類、小魚などを丸のみにする。サメと名がつくが性格はおとなしく積極的にひとを襲うことはない。産卵の際はメスが体の中で胎仔を育て、春から夏頃に体長20cm程の稚魚を3~10匹ほど出産する。稚魚の成熟の仕方や寿命ははっきりとはわかっていない。

形態

大きいものは体長2mにまで成長する魚で、体はエイに似て平たく、背ビレは腹ビレより後方に位置する。しかし、鰓孔(えらあな)を見てみると、体側にあることからサメの仲間であるとわかる。口が大きく、口内には鋭い歯がたくさん並んでいる。胸ビレと腹ビレは大きく、臀ビレを持っていない。コロザメに似ているが、カスザメは胸ビレの先の角度が狭く、背面の真ん中の線に沿って棘の列が並んでいることで見分けることができる。体表は細かいトゲに覆われており、表皮はサメ皮やすりに使われるほどザラザラしている。

食味

鮮度の良い身はクセのない白身で、サメ類によくあるアンモニア臭もほとんど感じない。価値のないカスのようなサメという意味からこの名がつけられたそうだが、煮付けや煮こごりにすると美味で、とりわけ九州では盛んに食べられている。大きなヒレはコリコリと歯ごたえがあり、ゼラチンが豊富にあるので、煮付けに向いている。処理が面倒なため廃棄されることも多いが、練り商品の原材料としても利用される。生食で食べる際は洗いや湯引きがオススメ。他にもから揚げなどにしても身がふっくらとしていてとても美味しい。

釣種

釣り船,防波堤

釣場

内湾,砂地

生息域

南日本,北日本