釣割

釣魚図鑑

ヤイトハタ

スズキ目 ハタ科

和歌山県以南から琉球列島にかけて生息する。体に小さな黒点が散らばっており、これが灸の痕のように見えることから呼び名が生まれたようだ。釣りの対象魚になっており、九州ではイシアラと呼ぶ。幼魚や若魚は、マングローブ林があるような河口に居つくことがある。

形態

黄味がかった茶色の体に小さな黒点が多数散らばる。若魚の体側にはこげ茶色の横縞がやや斜めに5本走っているが、老成魚になると消える。

食味

クエほどは美味しくないが、刺身や唐揚げ、鍋などに利用される。

釣種

釣り船,磯,ボート

釣場

外洋,沖合,内湾,砂地,岩礁,河口

生息域

南日本,東シナ海 ,琉球列島