釣割

釣魚図鑑

ナンヨウチヌ

スズキ目 タイ科

呼び名通り南の海に多いクロダイの仲間。日本では琉球列島の西表島に多く、台湾や東南アジアに広く分布している。闘争心が強いのか、それとも生きエサを特に好むのか、ルアーにもよく反応する。

形態

体高があって鱗が粗く、吻(ふん)が短いために、クロダイを見慣れた人には、奇異に感じるクロダイの仲間だ。側線から上の鱗の枚数はキチヌと同じ3.5枚だが、ナンヨウチヌの方が体高があるので、余計に鱗が粗く見える。

食味

味はキチヌとよく似ているといわれる。

釣種

釣り船,磯,投げ,防波堤,海釣り公園,筏・カセ,ボート,ソルトウォータールアーフィッシング

釣場

内湾,砂地,岩礁,防波堤,河口

生息域

南日本,東シナ海 ,琉球列島