釣割

釣魚図鑑

オイカワ

コイ目 コイ科

日本各地の河川に生息する淡水魚の外来種。原産は朝鮮半島や台湾である。流れの比較的緩やかな川を好んで生息している。外来種だが、生態系への影響は少なく、日本で普通に見られる魚となった。年中を通して釣りを楽しむこともできる。「エサ釣り」「テンカラ釣り」が一般的。日本においてのオイカワの生息数は増加傾向にある。水性昆虫や藻などを捕食する雑食性である。きれいな魚体のため、観賞用としてアクアリウムなどでも人気がある。オイカワの他にも「ハヤ(ハエ)」「ヤマベ」「シラハヤ」などの呼び名も持つ。体長は全長15cmほどの大きさの小魚である。婚姻色の綺麗なオイカワが見られる季節は繁殖期の春~夏のみ。成魚へと成長するまでには3年ほど要し、寿命は平均5年ほどである。

形態

オスはメスより大きく、2年ほどで全長15cm程度まで成長する。背中は青く、体側は銀白色で淡いピンクの縞模様が入る。魚体に対してヒレが大きく発達している。水中で観察すると婚姻色がより美しく見えて魅力的な外見であると評価される。しかしこの婚姻色は繁殖期である夏に雄のみに見られる。また繁殖期の雄には顔に白い斑点(追い星)が現れるのも特徴の一つ。冬場は雄と雌の区別がつきにくいが、尻ビレが雄のほうが雌よりも長いのでその点で冬場は性別を見分けることができる。

食味

九州などではよく食べられる魚で、川魚の中でも美味しいと人気がある。生息している地域によって味の差もでると言われている。小型の魚のため鱗を処理する必要がないので、調理が楽にできる魚である。焼いたり、揚げたり、甘露煮にして食べると美味。オイカワはイワシよりもクセがなく、上品な味。川魚は寄生虫の危険が高いので生で食すのは避けたほうが良い。また、水質環境の悪いところで釣れたものは普通食用としない。藻などを捕食し、内臓に臭みがあることがあるので下処理は丁寧に行うのが好ましい。旬は冬である。

釣種

投げ,トラウトルアーフィッシング

釣場

淡水・川,池・湖沼

生息域

南日本,北日本