釣割

釣魚図鑑

カワムツ

コイ目 コイ科

日本においては能登半島と天竜川水系以西の本州、四国、九州に分布し、朝鮮半島や台湾にも生息している。近縁のヌマムツやオイカワに比べると水質汚染に弱く、きれいな河川で流れの緩い箇所を好む。警戒心がとても強いため、岩がある場所や、柳などの植物が水面に覆いかぶさったような場所に生息している。カワムツは雑食性で水草や藻類の他、水生の昆虫や、小魚、甲殻類などを捕食している。産卵期は5月中旬~8月下旬ごろ。雄はこの時期にお腹の部分が婚姻色(赤色)となり、顔は赤黒くなる。雌は川の浅瀬に群がって、昼の暑いときに砂礫の中に産卵する。 自然下での寿命は3~4年ほどだと言われている。泳がせ釣りの餌として利用されることが多い。カワムツは飼うことも難しくないので、観賞用としても人気である。

形態

体長は平均して15cmほどの大きさに成長する。雄のほうが雌よりも尻ビレや体が大きく、大きい雄だと全長20cm以上まで成長するものもいる。また、喉から腹にかけて赤みがかっている。尻ビレが大きい点が、オイカワに似ているとされるが、カワムツは黒っぽい縦縞が1本しかないのに比べて、オイカワは体側に7~10本の横縞があるので、この点に着目すると容易に両者を見分けることができる。また、ヌマムツにもやや似ているが、胸ビレや腹ビレの色がヌマムツとは異なることや、カワムツの方が鱗が大きく、吻先も丸くて太く、尻ビレの軟条数が多いなど、たくさんの違いがあるため、容易に両者を見分けることができる。

食味

身は白身でもちもちとしている。川魚独特な臭みがあるため、食べる際は、下処理として塩もみをしてヌメリをよく取り、鱗や内蔵もきれいに取り除くことが大事である。味には甘みがあり唐揚げや天ぷらなどの料理に向いている。その他にも甘露煮や煮付け、塩焼きなどにして食べることもあるが、食用魚としての認知は低い。

釣種

投げ,トラウトルアーフィッシング

釣場

淡水・川,池・湖沼

生息域

南日本,北日本