釣割

釣魚図鑑

アオギス

スズキ目 キス科

物音に敏感で警戒心が強いため、かつての東京湾では高い脚立の上に乗ってアオギスを狙った。これは脚立釣りと呼ばれたが、東京湾からアオギスが姿を消し、脚立釣りも消滅した。シロギスより大きくなり、40㎝近いものを徳島では番傘と呼んだ。徳島の吉野川河口もアオギスの生息地だったが、ここでも姿を消した。今では九州の一部と山口県にしか残っていない。

形態

スマートな体形で、シロギスよりも口が尖って見える。背ビレに小さな黒点が並び、腹ビレと臀ビレが黄色く染まるのが特徴。

食味

シロギスより味は落ちるといわれているが、希少種なので食べる機会がない。

釣種

釣り船,投げ,防波堤,筏・カセ,ボート

釣場

内湾,砂地,防波堤,河口

生息域

南日本,東シナ海