釣割

釣魚図鑑

オニアジ

スズキ目 アジ科

最大で70cmにまで成長する。釣りをしているとたまに釣れるが、日本沿岸での生息数は数は少なく九州の一部などでしかまとまって揚がることはないので、市場ではほとんど見かけることのない珍しい魚である。大きなマアジを「鬼アジ」と呼ぶことがあるが、本種とマアジとは別種である。見分ける際は稜鱗の長さで区別することができる。小魚や甲殻類などを捕食する肉食性である。日本では、新潟県以南の日本海側や、相模湾以南の太平洋側などの沿岸の表層部で群れを成して生息する。

形態

マアジに似ているが、非常に大きな稜鱗(ゼンゴ)を持っているのがオニアジの特徴である。稜鱗は体側をほぼ覆うほど大きく、エラ蓋には目立つ黒斑を持っており、また目と口はとても近い。体長は一般的には30~50cmほどだが、大きいものであれば体長70cm程度に達する。背中側の湾曲が少なく、腹側が丸く膨らんでいる。胸ビレが湾曲しているのもオニアジの特徴の一つである。この湾曲した胸ビレがあるおかげで早く泳ぐことができると言われている。尾ビレの中央部は二叉に分かれている。

食味

国内での流通量は少ないが、東南アジアでは重要な食用魚として食べられている。味はマアジには劣るが美味。稜鱗(ゼンゴ)が体側全体を覆っているので下ろすのが難しい。旬は秋から冬にかけてで、一般的なアジよりも身の色が赤い。刺身にして食べるのが一番美味であるとされている。皮をつけたままでまるごと塩焼きなどで調理すると、皮が厚いため下味が身までしっかりと染み渡らない。そのため、オニアジを三枚などにおろしてから調理するのが好ましい。旬のものは脂ののりも大変いいので煮付けにして食べるのもお勧め。

釣種

釣り船,磯,防波堤,海釣り公園,ソルトウォータールアーフィッシング

釣場

外洋,沖合,内湾,岩礁,防波堤

生息域

南日本