釣割

釣魚図鑑

ホンモロコ

コイ目 コイ科

本来は琵琶湖の固有種であったが、近年では奥多摩湖や山中湖、湯原湖でも定着している。繁殖期は3月~7月で繁殖時期になると大きな群れで湖岸や水路に現れ産卵する。寿命は2~3年とされているが、産卵すると死んでしまうことも多い。比較的流れの早い場所を好んで生息し、産卵場所も流れの緩やかな場所を選ぶことはなく、メスは1回に500粒~3,000粒ずつの卵を何回かに分けて抽水植物や水草に産み付ける。関東では養殖も盛んに行われている。

形態

体長は15cm程度まで成長する。琵琶湖の固有種だが、近年では各地で放流されているため、福井県や山梨県でも見られる。近縁のタモロコに似ているが、ホンモロコは体が細長く、口が上を向いており、1対のひげは短い等の遊泳魚の特徴が見られる。また、見た目からもホンモロコは体側の横帯はほぼ見られない点でも区別することができる。成魚のオスには小さな追星が現れるが、婚姻色は目立たない。

食味

コイ科の中では一番味がよく、白身でクセのない身で、骨も柔らかく様々な料理に合う魚である。素焼きにすると、骨まで丸ごとかぶりつくことができ、産卵期のホンモロコは子持ちのかもうせいも高く、真子の旨味が加わり更に美味に。その他にも天ぷらや煮付けなどにしても大変美味しく食べることができる。ホンモロコは価格も安くはないが、佃煮やなれ寿司などと加工品としても親しまれている。

釣種

渓流,トラウトルアーフィッシング,コイ

釣場

淡水・川,池・湖沼

生息域