釣割

釣魚図鑑

モツゴ

コイ目 コイ科

西日本を中心に日本全に生息。また、朝鮮半島やヨーロッパ、アジア各地でも生息が確認されている。近縁種との雑交が多く、本来のモツゴの減少が問題視されている。また、ブラックバスやブルーギルに捕食され、絶滅が危惧されている水域がある。雑食性で藻類や底生動物などを食べるが、中でもアカムシなどの水中生物やプランクトンを好んで捕食する。寿命は約3年。繁殖期は4~8月で、この期間はオスは婚姻色の黒っぽい色に変わる。食用魚として流通することはないが、釣りなどで釣り上げられた際にはよく唐揚げなどにして食べられる。

形態

体色は銀白色で、体側線に明瞭な黒帯が1本入っているのが特徴である。この黒帯が成長に従って薄れていく個体もいる。タモロコやホンモロコに似るが、これらの魚は体色が白で、体側に線もあるが、伸び方が異なっている。また、モツゴには口ひげがないのに加え、おちょぼ口であるため、これらの点から見分けることも可能である。産卵期の雄は体が黒くなり、黒帯が見えなくなる。全長は8cm程度だが、飼育下では大型化するモツゴもいる。

食味

佃煮用の魚として古くから利用されてきた魚で、程よい苦味が癖になり、人気がある。主に唐揚げにして食されるが、天ぷらにしても身がふっくらしていて美味しい。焼き物にするなら醤油焼きがおすすめ。皮目に香ばしさがあり、腸の苦味がお酒によく合う。淡水魚のため寄生虫がいる可能性があるので、生食べるのは避けたほうがよい。

釣種

釣場

生息域