釣割

釣魚図鑑

タナゴ

コイ目 コイ科

関東や東海地方の河川に多く生息しているが、近年では四国や北海道でも見られるようになった。流れが緩やかな水草がある場所を好む。底生動物などを主食としている雑食性である。1年で体長5cm程度まで成長し、水草や二枚貝などに産卵する珍しい魚種であるが、産卵した後はほとんどの個体が死んでしまう。観賞魚として非常に人気があり、ペットショップなどに行くと必ずといっていいほど見かける。販売される際も、二枚貝と共に販売されることが多い。温厚な性格の持ち主で、他の魚種とも飼育することも可能。また、身近な川や用水路で釣りができることから、釣り人からも人気がある。

形態

体長は6m~10cmと小型で、タナゴの仲間の中ではもっとも細長く、体高が低い。体色を除くとフォルムは金魚に似ている体型をしている。だが、金魚のように長年飼育していてもサイズは標準のままである。オスには婚姻色があり、繁殖時期にはエラ蓋から体側にかけてピンク色になる。メスには婚姻色は無い。鱗は虹色に輝き、非常に美しい。口にはヒゲが1対生えており、肩の部分には青みがかった緑色の斑紋が不鮮明だが存在する。また、中央部から尾ビレの付け根にかけて銀色がかった緑色の縦帯がある。

食味

佃煮として食べられることもある。旬は冬から春にかけてで、まるごと食べることができる。食味は少しほろ苦いが、骨は柔らかいので食べやすい。タナゴが食したものを消化する際に出る消化液が苦味の原因であると言われている。そのため、調理される際は濃い目の味付けにするのがお勧め。その他の食べ方としては、網の上で炭火で焼き、醤油で味付けしたタナゴの炭火焼きも。昔は串焼きとして食されていたが、近年では串焼きでタナゴが食されることはほとんどない。

釣種

トラウトルアーフィッシング,ヘラブナ

釣場

淡水・川,池・湖沼

生息域

北日本