釣割

釣魚図鑑

マタナゴ

スズキ目 ウミタナゴ科

従来1種とされていたウミタナゴは近年、亜種ウミタナゴ、亜種マタナゴとアカタナゴの3種に分けられた。本種は従来太平洋型とされていたもので、関東から瀬戸内海沿岸でふつうに見られる。関東では春の風物詩的釣りものとして人気。岩礁域やその周辺の砂地にすむ。

形態

体色は背が暗青色か赤色で腹部が銀色。背ビレ棘条部の縁辺が黒い。

食味

白身で肉質は柔らかい。塩焼き、煮付けなどにされる。やや水っぽいので干物にもされる。卵胎生で仔魚を逆子の状態で産むため妊婦に食べさせるなと嫌う地方があるが、珍重する地方もある。

釣種

磯,防波堤,海釣り公園,筏・カセ,ボート

釣場

内湾

生息域

南日本,北日本,瀬戸内海,東シナ海