釣割

釣魚図鑑

ロウニンアジ

スズキ目 アジ科

ロウニンアジとはスズキ目アジ科ギンガメアジ属の大型肉食魚である。幼い間は群れで行動をするが、成魚になると群れを作らず単独で行動をする魚なので、浪人武士に例えられ、この名前がつけられた。ロウニンアジは「GT」(ジャイアントトレバリーの略称)とも呼ばれる。また、釣り人の間では「メッキ」と呼ばれ、沖縄では「カマジャー」、宮古島では「ガーラ」と呼ばれるなど、呼び名のバリエーションの多い魚種である。ロウニンアジの生息地域はアフリカ東岸やハワイ、バリ、南日本だが、関東地方にも泳いでくる場合もある。しかし、北上したものは寒さで死んでしまうことがほとんど。ロウニンアジは浅い海に生息しており、水深約100M以内を泳いでいる。餌はカニやイカなど。釣りをする場合は、南日本や暖かい島がおすすめ。最大で全長180cm、体重80kgまで成長する魚なので、強靭なロッドが必要である。

形態

体型は楕円で平たく、体高があり、大きな胸ビレを持つ。ロウニンアジはヒラアジの仲間のため、胸ビレの先端は下向きに湾曲している。尾の付け根が細く締まり、大きく切れ込んだ尾びれが遊泳力の強さを表している。頭部はあまり尖っておらず、強靭なアゴを持つ。目は小さい。マダイに似た顔つきをしている。成魚の体の色は灰色が一般的だが、色が黒に近いか白に近いかは個体によって異なり、背中が茶色いものもいる。胸ビレの下に鱗がない部分がある。幼魚は、カスミアジやイトヒラアジによく似ているため、見分けが難しい。見分ける際のポイントは尾ビレで、上の部分が黒く、下の部分が黄色いものがロウニンアジである。

食味

名前にアジとあるが、アジとはまた違った奥深い味わいである。旬の時期はほどよく脂がのっていて、少し粘性のある柔らかな甘みが感じられる。小型は身が締まっていておいしく、大型になるほど大味になる。熱を通しても硬くなりづらい柔らかな食感の身が特徴のため、お刺身以外にも、煮付けや塩焼き、味噌汁にしても美味しく味わえる。ロウニンアジは鱗が薄く、処理がしやすいが、皮が厚めなので、調理する際には注意が必要。また、大きすぎるものは食中毒の原因にもなりやすいので、大きすぎないものを選んだほうがよい。

釣種

釣り船,磯,防波堤,筏・カセ,ボート,ソルトウォータールアーフィッシング

釣場

外洋,内湾,砂地,岩礁,防波堤,河口

生息域

南日本,瀬戸内海,東シナ海 ,琉球列島