釣割

最新攻略コラム

2013年5月16日

ボートエギング春編④

今回は前回もお話したようにシャローでのSフォールを紹介したいと思います。
 
私の住む三重県でもシャローエリアでデカイアオリが上がってきています、このシャローを攻めるにあたってウィードエリア攻略が大きく釣果に現れてきます。
 
前回もお話したようにシャローウィードエリアではエギを止めることが重要になってきますがボートが動いている、そしてエギと自分が近づいていく為にエギと止めることがかなり難しくなってきます。
 
そこでシャクッタあとロッドの位置を下気味に待ちボートがエギに近づく分だけロッドを上げていきアタリを待ちます。
 
アワセが出来る分の限界まで来たら来たらロッドを上げるのをストップ。
 
そしてそのままエギをフォールさせアタリをアタリを待ちますが、この時も当然エギとボートは近づいて行きますのでラインは当然フケます。
 
この時のアタリの待ち方はラインのテンションの張りで待ちますが、最初はラインでアタリを取るのはかなり難しい為にラインのフケた分だけリールを巻ロッドでアタリをきくと分かりやすです。
 
この時のエギのフォール姿勢とタイミングが私の経験では一番多くアタリがくるので集中していただきたいと思います。
 
次回はこのSフォールに適したタックルを紹介したいと思います。