釣割

最新攻略コラム

2013年8月1日

ボートエギング秋に向けて②

今年は本当に暑いです、皆さんも口を揃えて猛暑と言いますが、こんな時の秋は毎年いいように思いますので今からかなり楽しみでなりません。
 
そして前回少しお話をしたロッドに関してですが私が去年からテストにテストを重ねこの秋に発売されるロッドがあります。

ダイワ エメラルダスAGS511M‐SMTというロッドです。これはボートエギングロッドにしても短く5フィート11インチと今の主流の7フィート-8フィートの長さに比べればかなり短いのもお分かりいただけると思います。
 
なぜこの短いロッドが必要なのか?
 
皆さんもボートエギングされた方はお分かりと思いますがエギがバーチカルに船の下の方にある時が多くあることと思いますが、そんなときはロッドが短いほうがシャクリやすくそしてアタリもとりやすいのは明白です。
 
アタリが取りやすい?
 
そうです!アタリが取りやすいのです。まず穂先が目の近くにあることそして手に伝わるまでの距離が短いほうが手感度があるに決まってます!
 
しかし手感度と言ってもただ単に短いだけではありません、素材にももちろんこだわりがあるので、次回はその辺から続きをお話していきたいと思います。