釣割

最新攻略コラム

2013年9月5日

ボートエギング秋に向けて実践編

前回は511のショートロッドをご紹介しましたが、今回はそのロッドを使った実践編を紹介したいと思います。
 
まずはこのショートロッドの特性を生かすシチュエーションとしてはエギがバーチカルの状態あるいは少し自分とエギの距離が出る位がいいですね!
 
長いロッドでエギがバーチカルになるとまずシャクリがやりにくい、そして時には船の舌側にエギが行くとなると本当にショートロッドの出番です。
 
そしてバーチカルでもロッドティップは凄く柔軟に曲がりますので最高にアタリを取ることが出来ます!
 
そして何が他のロッドと違うと言うとボートエギング(ティップラン)では軽いエギ(18-20g)でもロッドティップはいい感じに曲がるんですよ!
 
ですから、まだ初秋のあまり深くないところでも威力は発揮します!そしてもちろんこのバットをもってすればかなり重いエギも使え冬の60mや70mのエギングも十分対応できます。
 
一度店頭ででも触ってみてください。次回ははまだまだ実践編と今回お書きする予定でしたエギのお話をお送りしたいと思います。