釣割

最新攻略コラム

2013年11月21日

ボートエギング冬パターンに向けて

ようやく台風の季節も過ぎ海も安定すると思いきや、いきなりの冬型などで海が荒れ釣行中止もあり、本当に極端な天気ばかりでまいってしまいます。
 
そして水温も徐々に下がり一旦はアオリもディープに落ちていき、水温が下がりきったくらいからまた徐々にアオリはシャロー、ミドル、ディープと散らばっていきます。
 
今回は前回に少しお話したエギの重さでの違和感などをお話したあと、冬に向けてのディープパターンを中心にお話していきたいと思います。
 
必要以上にエギを重くするとアオリがエギを触ったときに重すぎて違和感を与えてしまいセカンドバイトがこない時が多々あった時があります。
 
船が早く流れてスライドがうまく出来ているときは大丈夫んですが、船の流れとエギのお重さが合っていなくて船が動いているにも関わらずエギがストンと着底してしまうときにアタリがあると違和感を与えてしまいますのでエギの重さを調整してください。
 
冬のディープではエギを重くしないと底がわかりませんのでもちろん重くしないといけないのですが、必要以上に重くしなくていいと思います。
 
次回はこの続きのディープ攻略をお話したいと思います。