釣割

最新攻略コラム

2014年7月3日

2014ボートエギングロッド

ちょっと早いですが秋に向けてのボートエギング新商品を紹介いたします。
 
 
まだまだ秋のエギングにはちょっと早いですが、新商品としては今月7月には店頭に新しい商品が並び始めると思います。
 
 
そこでその新商品のインプレッションをさせていただきたいと思います。
 
まずは去年発売されたエメラルダスAGS511M‐SMTのロッドを少しライトにしたAGS511ML‐SMTの紹介からしていきたいと思います。
 

まずは単純にML(ミディアムライト)の表示からM(ミディアム)前年発売のロッドより軟らかくなっているというところがお分かりだと思います。
 
 
この2本の使い分けは?の所を説明させていただきますと、エギの重さでMとMLを単純に使い分けるのではなくロッドに伝わるエギの抵抗を考えていただきたいと思います。
 
水深が深くて50gのエギだからと単純にMを選択するのでは無く、バーチカルだとエギに対する抵抗は少なくMLの方が柔軟な曲がり方でアタリの取りやすく適していると思います。

そして同じ水深で50gですが潮が早くエギとボートが離れていく場合はエギの抵抗感はあるのでMの方がシャクリやすくアタリが取りやすいと私は思いますのでMの方が適していると思います。
 
このように単純に重いエギ=硬いロッドでは無くエギの抵抗感でロッドを選ぶことをオススメします。
 
 
次回もNEWタックルについてお話したいと思います。