釣割

最新攻略コラム

2014年8月21日

2014ボートエギングロッド パート3‐2

前回の続きのエギングタックルを紹介したいと思います。
 
このベイトロッド誕生のタイミングでエメラルダスボート3.5号の50gが秋には発売されます!
(エギに関してはまたエギの紹介の時にインプレさせていただきます。)
 
で、もちろんこのベイトロッドに関しては50gで終わるわけないですよ!
 
もっと重いエギを使っても楽勝なんで是非使ってみてください。

ではベイトタックルの私が実践でやってることを紹介します。
 
重いエギを使う場合は脇に挟んでジギングのようにシャクると、ほんまに楽々とシャクリが出来ます。
 
スピニングで重いエギをシャクるのしんどいとか、シャクリのリズムが悪くエギが動いている感じがしないと言う方もリズム良くいけると思いますよー♪
 
そして、ベイトリールの取り回しの良いところを利用して片手で簡単クラッチon・offでリズムのいいボートエギングが出来ます。
 
あのテンションSフォールも自由自在!
 
ボートが流れてロッドを倒して倒す限界まで来て、まだ送り込みたい!
 
時等でもクラッチoffでスプールを簡単サミングでエギを漂わす事も楽々ですよね。
(サミングの強弱でも幅が広がる)
 
まとめてみると
◯SMTを搭載の事によりアタリが明確にでる。
◯SMTの搭載により重いエギで無くてもアタリは明確にでる
(ギリギリのテンションでも感度が良い為)
◯重いエギでも脇に挟んで簡単ワンピッチシャクリ
◯片手でクラッチON・OFF
◯クラッチON・OFFが容易な為テンションSが今まで以上に長く出来る
◯ベイトのアワセはカッコいい!
 
このようなことから糸ふけ不能の間合いがなくなると言うことはディープでのアタリを逃さなくなるのも武器ですね!
 
最後になりましたが、ディープのお話ばかりになりましたが、ディープはもちろんのこと私はこのベイトロッドで軽めのエギも多用しています。
 
なぜならSMT搭載により軽いエギでもSMT部分だけが曲がりアタリがとり獲りやすいこともお忘れなく!
 
以上がエメラルダスAGS66MB-SMTの私のインプレです。
 
このベイト、スピニングに搭載のSMTはイカメタルでも威力を発揮しますのでエギング、イカメタルに使ってみてください。
 
次回は新作のエギを紹介させていただきたいと思います。