釣割

最新攻略コラム

2015年2月26日

水中カメラビッグキャッチでカセ釣り!!

こんにちは松尾知典です。
 
今回は船用ビッグキャッチLQ-5050DRを使用した釣りをご紹介したいと思います。
 
釣りの前に少しBIGCATCHLQ-5050DRの赤外線機能の簡単な説明をさせて頂きます。
 
ビッグキャッチシリーズに搭載されている赤外線機能ですが、真っ暗な夜の水中でも白黒映像によりクッキリ鮮明に映し出されます。
 
切り替えスイッチはなく、暗くなると自動で切り替わります。(カラー映像から白黒映像に変わります。)

それでは実際にビッグキャッチでカセ釣りにチャレンジしたいと思います。
 
今回は、和歌山県の串本町の愛丸フィッシング様のカセでお世話になります。
 
胴突き仕掛けでカツオを狙います。

その前に最近よく青物があがっていると聞いたので、まずはのませ釣りをしたいと思います。

水深27m付近で活きアジをつけてアタリを待ちます。

1時間ほど待ちましたがアタリがありません!!(T_T)
 
諦めて仕掛けを変えることにしました。
 
先程ご紹介した胴突き仕掛けに変えてカツオを狙います。
 
エサはオキアミを使用しております。

カツオは比較的浅い所を泳いでいるので、水深1mほどの所でエサをつけて待ちます。

早速エサにカツオが喰いつきました!!
 
流石はカツオです。
 
一瞬で遠くまで走って行きます。

引きが中々楽しいです(^O^)

すかさず手ぐすを引きます!!!

カツオGETしました!!

今回のビッグキャッチのモニターテストは、残念ながら青物を釣ること出来ませんでしたが、カツオが良く上がりました!!
 
ここ愛丸フィッシング様では鯛や青物、旬の様々な魚種が上がります。
 
トイレも付いており非常に良い釣場でした。
 
これからもビッグキャッチのモニターテストを行っていきますので宜しくお願い致します。