釣割

最新攻略コラム

2015年6月4日

ボートエギング(キャスティングpart3)

前回のボートエギングキャスティングpart2以降も三重方面のボートエギングは好調で、キロアップはもちろん2キロアップも上がっていて、この原稿を書いている日も私はボートエギングに行ってきました。
 
最近の乗せ方としてSフォールは基本なのですがSフォールをしていて一番抱いてくるタイミングはボートの足元付近が多く、おそらくエギをずっと見ていてある程度水深があるところでエギを抱いてくる事が多く、言い換えれば水深が深くなる=エギのフォール時間が長くなる事が今のキモではないかと思われます。
 
その時もテンションかけながらゆっくりフォールさせることと、もう一つはフリーフォールも多用するといい感じでエギを抱いてくれます。
 
やはり春のキモはフォールのバリエーションを多くエギを絶対に引っ張らないことだと思います。
 
次回もボートエギングのお話をしていきたいと思います。