釣割

最新攻略コラム

2015年10月8日

秋のボートエギング

前回のエメラルダスボートに装着する仮面シンカーのお話を少しさせていただきましたが、今回も少しだけシンカーについてお話したいと思います。
 
 
前回はシルエットのお話をさせていただきましたが、今年の一押しとして活性が低い場合はシルエットを大きくしてアピールするも良し!シルエットを小さくしてエギを抱かやすくするも良し!今年は後者が当たっているように思います。
 
 
3号に仮面シンカーそして2.5号に仮面シンカーという極端なセッティングもOK!
 
これから釣れる水深が深くなれば小さいエギだと抵抗が少なくフォールしていくので武器になりますね。
 
 
ここで一先ずシンカーのお話は終了して秋のボートエギングパターンをお話したいと思います。

私がこの秋ボートエギングに行ったエリアはアオリの成長が若干遅れているように思われ、まだ深場に落ちていません。
 
そこで水深3〜10mのシャローからミドルに入るくらいの所を攻めると見事にパターンにハマり2時間ちょっとでかなりのアオリが釣れました。
 
 
この水深ではやはりキャスティングが有効であまり重いエギではなくフォール重視の釣りとなります。
 
次回ここでお会いする時はおそらく水深も深くなってきていると思いますのでそのあたりのお話と、そろそろブリのジギングは始まってきていますのでその辺もお話していと思います。