釣割

最新攻略コラム

2016年7月7日

旬のスズキをノマセ釣りで!

我が家のホームグラウンド、神戸沖堤も7月に入ると、釣りものもぐっと夏らしくなってきました!
 
早くもタチウオの気配が上昇、スズキ、青物もちらほらと姿を見せているということで、大物の期待が高まります。
 
梅雨の長雨がようやく上がり、週末は澄んだ夏色の青空が広がりました。
 
今日も母さんお手製お弁当持参で神戸7防へ親子でGOです!

神戸沖堤に持っていくメインタックルはエサ釣りです。
 
まずは旬の高級アジの「メクリアジ」を狙いましたが、今年はメクリが低調のようで、シーズン序盤は釣れていましたが、ここ2、3週間はムラがあり、十分なお土産が確保できていません。
 
メクリアジは釣れなかったですが、豆アジは大漁です。
 
な~んだ豆アジか~なんて、言わないでね。
 
たかがサビキの豆アジと、軽くみられがちですが(笑)、釣り場でエラと内臓を指でつまむだけで下処理ができるので、持ち帰って丸ごとから揚げや南蛮漬けにできておいしいですよ。
 
我が家はこの豆アジをそのままお土産にする以外にも、さらに、わらしべ釣法で大きくします。ノマセ釣りのエサにするのです!
 
サビキ釣りで豆アジが足元で数釣れているときは、スズキが近くをうろうろしてアジを追いかけているときがあります。
 
試しに釣れたアジを海にぽいっと投げてみると、沈んでいったアジにアタックしてくるスズキが見えることがあるほどです。
 
 
この日はスズキの姿は見えなかったものの、釣り歴10年の息子の釣り師の勘でしょうか。
 
「スズキおる!」と予言するのです(笑)
 
じゃあ狙ってみようということで、ノマセ仕掛けをセットして、釣れたばかりの元気なアジをハリに刺し投入。
 
しばらく、アジが泳ぐ一定の振動が竿先に伝わっていましたが、突如、ズッコ~ン!と竿先が下がったのでした。
 
スズキが生きたアジを捕らえたのです!
 
何度も突っ込みに耐え、巻いては走られを繰り返して、ようやくタモに収まりました!
 
お見事スズキです!

グッドコンディションのスズキ、息子も笑顔がはじけました!
 
この日はスズキに、グレに、豆アジとクーラーにお土産いっぱいで神戸7防を後にしました。
 
これからタチウオワインドもシーズン本番となるし、ますます防波堤の夏は熱くなりそうです!
 
息子の七夕のお願いごとを見てみると…。

「つりで大きくていっぱい魚がつれますように。」
 
だって(笑)。
 
釣り師として成長著しい息子が頼もしい今日このごろです!