釣割

最新攻略コラム

2016年11月17日

ボートエギング③

本題に入る前に現在の三重エリアにおけるボートエギング状況をお話します。
 
水温の変化と共にアオリイカもシャローからディープまで散らばってきてエリアによっては30m40m付近はもちろん、50m~60mの水深でもアオリは釣れています。
 
そこで絶対に必需品のエギに装着できるシンカーをお持ちになることをオススメします。
 
例え50~60mに行かなくても20~30mでもこれからの季節は北西風が吹くので必要です。
 
では前回の続きのロッドのお話をさせて頂きます。
 
前回までのショートロッドから今回はティップランでよく使われる長さをお話します。
 
私が使ってるショートロッド以外のラインナップは
エメラルダス
AGS72ML/MH-SMT
AGS68ML/M-SMT
上記2モデルはスーパーメタルトップ
 
AIRシリーズ
AGS74L/MH-S
AGS68ML-H-S
 
このロッドを使っています。
 
まずロッド選びでは長さ、硬さ(テーパー)、ティップの種類を何がほしいのか自分なりに考えておくと良いと思います。
 
次回はロッド選びの続きをお話したいと思います。