釣割

最新攻略コラム

2016年12月1日

ボートエギング④

さてさて北西風がビュービュー吹く日も多くなってきましたね!
 
いよいよ冬のティップランの始まりです。
 

この頃になるとキロアップ率も多くなり三重県では早くも2キロアップも釣れてきます。
 
水深も様々な水深で釣れてきて浅いところでは3m、深いところでは60mと凄く幅が広いです。
 
今までご紹介させて頂いたロッドで十分な満足感は私の場合得られますが、もうひとつ踏み込んだロッドをご紹介します!
 
それはボートエギングにしてベイトタックル。
 
ベイトタックルの私が思う利点として
 
○ベイトではシャクリの時脇にグリップを挟むので重いエギやディープエリアではのシャクリが楽
 
○頻繁にシャクっては落とす動作を繰り返すときは片手でクラッチを切れるのが便利
 
 
この事から私は深場や重いエギを使う場合はよくベイトタックルを使用します。
 
使うベイトタックルは
 
ロッド…エメラルダスAGS66MB-SMT(スーパーメタルトップ)
 
このモデルもスーパーメタルトップなので抜群の目感度、手感度がくるので是非使ってみてください!
 
次回はボートエギングのテクニックをお話したいと思います。