釣割

最新攻略コラム

2012年7月6日

ボートエギング(レンタルボート・遊漁船)

各地で春のエギングが終わりつつあると最近よく耳にするのですが、私のよく行くエリアである三重県鳥羽ではまだまだ遊漁船でのエギングでは2キロ時には3キロが上がっています。
 
そして先日も鳥羽より南の紀伊長島でレンタルボートで出撃してきたのですが、ここでもキロアップを含む2時間で7ハイと好調でした。

このまま夏のボートエギングに移行しそうな今年の勢いです。このように私は遊漁船、レンタルボートと両方乗っています。
 
前回も紹介したように基本的な釣り方は同じなのですが、船の大きさなどが違うことから若干釣り方やタックルが違ってくる。前回はその辺までお話しました。
 
今回はその両方でも四季を問わない今流行りの釣り方を解説したいと思います。
 
 
みなさんはティップランをご存知でしょうか?秋や冬のある程度水深のある場所で威力を発揮します。
 
まずはエギを着底させワンピッチジャークでシャクリ上げてその後はボートの流れに任せてエギをスライドさせます。そしてアタリが無ければまたエギを着底させる。そしてシャクッてまたスライドの水平移動。これがティップランです。
 
しかしこのティップランだとスライドしての釣りなのである程度活性がよくないとアオリイカは反応はすれどエギを抱くところまではいきません。そこで私の提案するSフォールはシャクッタあとストップまではティップランと同じですがそのあとからが違ってきます。
 
シャクル→ストップ→ステイ→フォールとエギング本来のエギの動きでアオリイカを誘います。しかしこのステイ後のフォールがまた違うのです。ボートエギング場合はボートが動いているのでこのステイが難しいのです。
 
次回はこのSフォールで一番大切なステイからのフォールを紹介していきたいと思います。